ホビヲの映画感想画

ホビヲが観た映画の感想を描きます。

『魔女がいっぱい』魔女にネズミにされた子供たちが仕返しする話

追いかけてくる魔女
追いかけてくる魔女

  • 原題:The Witches
  • 公開:2020年
  • 時間:104分
  • 監督:ロバート・ゼメキス
  • 脚本:ギレルモ・デル・トロ、ロバート・ゼメキス、ケニヤ・バリス
  • 出演:アン・ハサウェイ、オクタヴィア・スペンサー、スタンリー・トゥッチ、クリス・ロック

ネタバレなしのあらすじ

子供嫌いの魔女たちがホテルに集まり悪巧み。大魔女の手には魔法の薬。一滴口にすれば1時間、2滴なら30分、3滴ならその場ですぐにネズミになるという。その薬をすべての子供に飲ませ、ネズミに変えてしまうという恐ろしい計画。運悪くネズミに変えられてしまったちびっ子たち。魔女たちの計画を阻止できるのか。今、復讐劇が始まる。

ネタバレありのレビュー

ロバート・ゼメキス監督作品が好きだ。作品毎にテーマを設けて挑戦しているから。進化していく様をリアルタイムで感じるから。有名な児童小説を最新の技術で映画化した本作。『ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!』に続く、二回目の映画化だ。本作におけるゼメキス監督の挑戦は、魔女をめっちゃ怖くする、ネズミの頑張りを上手に見せる、の2点だろう。そのミッションは間違いなく果たせている気がする。ちびっ子たちはアン・ハサウェイの無駄に怖い大魔女に震え、ホテル内を駆け回るかわいいネズミたちになりきって声援を送るだろう。救いのないラストはトラウマになるだろうが。

One More Thing...

アフリカでは未だ魔女狩りが行われているという。祈祷師の一言で魔女認定された女性たちが村人にリンチされるというおぞましい事件が社会問題化している。そんなニュースを聞いた後だったためか、本作のラストに震えてしまった。ちびっ子たちへのプロパガンダ。「魔女をやっつけるぞ!」とアジテーションする老ネズミとそれを見守る老婆。二人は大魔女から巻き上げた大金を軍資金に魔女狩りをライフワークにしている。笑うところなのだろうが、個人的には震えてしまった。