ホビヲの映画感想画

ホビヲが観た映画の感想を描きます。

『ボーダーライン』麻薬カルテルを超法規的になんとかしようとする話

銃口を突き付けられる警察官
銃口を突き付けられる警察官

  • 原題:Sicario
  • 公開:2015年
  • 時間:121分
  • 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 脚本:テイラー・シェリダン
  • 出演:エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン

ネタバレなしのあらすじ

エミリー・ブラント演じる、規律を守り真面目に職務にあたるFBI捜査官。政府主導のメキシコ麻薬カルテル捜査チームに抜擢される。彼女の目を通して熾烈な「戦争」が描かれる。人道に反した残忍な報復、買収される警察官、命を顧みない手下の攻撃。それらに対抗するために超法規的な手法で戦闘を繰り広げる捜査チーム。エミリーは反目しながらもことの顛末を見届けようと奮闘する。

ボーダーライン(吹替版)

ボーダーライン(吹替版)

  • エミリー・ブラント
Amazon

ネタバレありのレビュー

硬派なドラマかと思ったら、なかなかにアクション要素も強く楽しめた。邦題は『ボーダーライン』だが、原題『Sicario』は「暗殺者」のことらしくなるほどなと思った。そっちが主人公だったのか、と。続編も公開され、そちらにエミリーブラントが出演していないことからも納得。勧善懲悪は映画の中だけのお話で、清濁合わせ飲み手段を選ばないCIAが現実なのかもしれない。これは映画のお話なのだけれど。

One More Thing...

エミリー・ブラントのそういうシーンが来るかと思ったら、まさかの展開。ポケットから身バレするアイテムを出すってどんだけおっちょこちょいなんだよと思ったが、相手が相手なので焦ってしまったのかもしれない。それなら仕方がない。

この映画感想画のTシャツ、買えるんです。