ホビヲの映画感想文

ホビヲが観た映画の感想を描きます。

『トゥモロー・ウォー』未来にタイムスリップしてモンスターと戦う話

背中合わせで敵を探す親子

30年後の未来から未来人が助けを求めてやってきた。突如現れたモンスターに世界は滅亡の危機、現在から兵士を募り一緒に戦って欲しい、と。徴兵制が導入され、30年後には生きていない人が戦場に送り込まれることに。圧倒的不利な状況で送り込まれた人々は地獄を見る。この戦いに希望はあるのか。クリス・プラット演じる主人公は、未来の惨劇を見てある行動に出る。

コロナ禍でなければ劇場公開されていた作品。ただB級感は否めず、138分は長く感じてしまった。未来の作戦指揮が理不尽で、途中「えー!?」となってしまい、一旦停止。日を改めて続きから鑑賞した。後半は予想外の肉弾戦で大変楽しめた。親子三代とモンスターとの戦いであり、ラストで一同に会するシーンではちょっとほろっとしてしまった。個人的に好きなのは、親子で背中合わせとなりモンスターと戦うシーン。もう私の親父は亡くなってしまったのでそんなことできないが、ちょっと想像してしまった。まあ、生きててもそんな状況になることは決してないとは思ったが。

よく考えたら、クリス・プラットの奥さんがいなければ世界は滅亡してたはず。奥さんグッジョブ! 現実世界の奥さんは、アーノルド・シュワルツネッガーの娘さん。クリスの周辺で、世界は何度も救われているのだな。ありがたいことだ。