ホビヲの映画感想画

ホビヲが観た映画の感想を描きます。

『THE GUILTY/ギルティ』電話だけで事件を解決しようとする話

ヘッドセットがずれてしまった人
ヘッドセットがずれてしまった人

  • 原題:Den skyldige
  • 公開:2018年
  • 時間:88分
  • 監督・脚本:グスタフ・モーラー
  • 出演:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウ、エヨハン・オルセン、オマール・シャガウィー

ネタバレなしのあらすじ

舞台は警察の緊急通報指令室、110番の電話受付(デンマークだと112番)。問題を起こして内勤を命ぜられた刑事、アスガーが主人公。周囲のメンバーを見下していて態度は不遜。電話対応も雑で、相手をおどしたり、突き放したりで優しさのかけらもない。そんなアスガーの元に、今まさに誘拐されている女性から電話がかかってくる。車で移動中、家には子供がいるらしい。どうしたら女性を助けられるのか。関係部署に電話をかけまくり、個人的な繋がりも頼りに、権限を超えて力の限り対応する。

キャメラはフロアからいっさい外へ出ず、他シーンの挿入もない。完全な密室劇。画面に映るのは険しい顔で電話しまくるおっさんだけ。その状況が逆に想像力を掻き立てられ、物語に翻弄される。

THE GUILTY/ギルティ(吹替版)

THE GUILTY/ギルティ(吹替版)

  • ヤコブ・セーダーグレン
Amazon

ネタバレありのレビュー

「奥さん、いいですか? 何か武器になるものはありませんか?」「レンガがあります」「いいですね! 両手で持って、扉が開いたらご主人の頭を狙って思いっきり殴ってください」「えっ?」「大丈夫です。ご主人は悪い男です。いっちゃってください」「わかりました!」危機迫る状況とはいえ、アスガーのこのアドバイスはどうなんだろうか。見終わってずっと考えていた。

One more thing...

子供が大変なことになったら、まずは救急車呼ぶんじゃなかろうか。110番するべきじゃなかろうか。いかに警察が信用できないといっても。そこが引っかかったけど、とてもよくできた素晴らしくナイスアイデアな作品だった。

この映画感想画のTシャツ、買えるんです。