エイガログ

ホビヲが観た映画の記録。

ファインディング・ドリー

映画館で「ファインディング・ドリー」を観た。前作は、息子を探す親の物語「ファインディング・ニモ」。本作は、両親を探す子どもの物語。前作同様、親子の想いを描いた感動の作品に違いないと、確信に近い思いで映画館に向かう。作品は期待を裏切らない内容だった。見せ場の連続、仲間との出会い、友情、親子の愛情。涙腺が緩くなってきたようだ。しかし、クライマックスの一番いいところで子供が騒ぎだした。「ねぇ、まだ?まだ終わらないのー? まだー?まだー? まだー?」と、館内に響く声。「終わったら、おやつ買うからもうちょっと頑張ろうね!」と、モノで釣る。祈るような思いで、子供の忍耐力(おやつの力)にかける。ドリーと仲間たちの無事を祈りつつも、最後の最後まで、ドキドキしっぱなしだった。物語の展開も、子供のまだまだ攻撃も。